その腰痛、夏バテ!?整体で夏バテ解消。自律神経と腰痛の関係

梅雨が明けて夏真っ盛り、暑い日が続きますね。

冬の寒さは手足や腰が冷えて、肩こりや腰痛が増すイメージがありますが、実は夏こそ注意が必要です。夏の腰痛はクーラーや扇風機による冷えによって筋肉が凝り、血液の循環も悪くなりがちです。

しかし、それ以上に怖いのがその冷えが招く自律神経の乱れです。

自律神経って何?

人間は意識しなくても呼吸をしたり、心臓を動かして血を全身に巡らせたり、臓器を働かせて消化活動をすることが出来ます。

これは全て自律神経のおかげ。自律神経は人が生きていく上で、また活動的に過ごす上で非常に大切な役割を担っています。自律神経が乱れるとこういった人間の生命維持活動にも支障が出ます。

夏場、外気と室内の空気の気温があまりに差がつきすぎると、身体が麻痺してしまい自律神経を刺激して、正常な働きが出来なくなってしまいます。つまり冷えにより血流が滞り、さらに自律神経の乱れで追い打ちをかけるのです。

そのため、夏場は肩や腰を直接冷やさないこと、必要以上にエアコンの温度を下げないことが大切です。とはいえ、オフィスや電車など、自分に合わせて温度を調節出来ない環境もあります。カーディガンなど羽織るものを持ち歩くのは、肩こりや腰痛の対策としてもとても良いです。また女性の方はお腹を冷やさないように工夫してください。

整体では自律神経に関する施術も行っています。なんとなくダルい日が続くなぁ・・・、マッサージや栄養ドリンクではどうも疲労が回復しないな・・・という方は、夏バテだと放置する前に一声ご相談ください。すっきりとした夏を過ごしましょう!

西宮市 再発しないカラダを目指す整体 西宮はやし整体院

腰痛にならないための股関節ストレッチ!

このストレッチのやり方
①四つん這いになります。
②左足を左手のそと側へもってきます。
③重心をゆっくり前にかけていきます。
④左側のお尻、右側の付け根が伸びてきたら気持ちのいいところでキープします。


頭痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top