運転中に起こる腰痛!正しい姿勢作りは整体で

姿勢腰痛の原因や腰痛を引き起こすきっかけは日常生活のさまざまなところに潜んでいます。運転もそのひとつです。

ドライバーのお仕事にされている方、ドライブが趣味の方、通勤や家事で車を運転しなければならない方、車の利用法はさまざまだと思いますが、運転中や運転後、腰の痛みを感じたことがないでしょうか?

意外に思われるかもしれませんが、実は立ち仕事よりも座って行う仕事の方が腰に負荷が掛かりやすいのです。その理由は、立っている姿勢であれば上半身の体重は腰・膝・足・足の裏に分散されますが、座っているとお尻から腰に掛けての一極で上半身を支えなければならないからです。

運転も座り仕事ですので、腰に負担が掛かりやすい作業です。

運転時には、姿勢に注意

運転をする時は腰痛防止のため、姿勢にご注意ください。

とは言え、ぴんと張ったキレイな姿勢をしてくださいという訳ではありません。まず、座席に深く腰掛け、肩甲骨からお尻に掛けて背もたれにぺったりとすわります。

この時、背骨が曲がっていてはいけません。必ず真っ直ぐになるようにもたれてください。まして、背もたれを使わず猫背になってしまうと腰への負担はかなりのものです。前方に集中しすぎると前のめりになる人がいますが、ハンドルへ前傾した姿勢にならないように気をつけてくださいね。

上記に述べたように座り方を工夫したり、クッションを使ったりすることで運転中の腰痛を軽減したり、予防したりすることが出来ます。

ただ、もし運転中の腰痛の原因が身体の歪みであれば、なかなか座り方の工夫のみでは解消しにくいかもしれません。まずは正しい姿勢作りを。正しい姿勢のために、整体へコンディションを整えにいらっしゃってください。

西宮市 肩こり腰痛を骨盤矯正で再発しないカラダに変える整体 西宮人気NO1整体 はやし整体院

腰痛を解消するには股関節のストレッチ!

このストレッチのやり方
①体育座りになります。
②両膝を片側へ倒します。
③倒した側の上にもう片側の足首を乗せます。
④太ももの付け根が伸びてきたら気持ちのいいところでキープします。


頭痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top