腰痛を改善するために気を付けるべき3つのこと

腰痛の原因にはさまざまなことが関係しています。このため、日頃から腰の痛みにつながるさまざまなことに注意をして、生活をしていくことが大切です。
 
中でも以下に挙げていることは、腰の痛みを助長する大きな原因なので気を付けましょう。
 

1.運動不足

昔の人間に比べて、現代人は運動量が大幅に減少しています。このため、腰周りの筋肉も衰えやすく痛みにつながってしまうのです。
 
激しい運動などは必要ありませんが、日頃から歩くことを意識したり、エスカレーターなどは使わずに階段を使ったり、電車でも立っているようにしたりすることを意識するだけで、腰周りの筋肉は鍛えられ腰痛改善にもつながります。
 

2.姿勢の悪さ

腰痛持ちのほとんどの方は猫背気味です。特にデスクワークが多い方は座っている時の腰への負担が大きくなるため、腰の痛みが顕著に出ます。
 
日頃から背筋をまっすぐに伸ばすことや、パソコン作業中は顔を画面に近づけすぎないことなどを心がけ、できるだけ正しい姿勢を保つことが腰痛改善につながります。
 

3.肥満

太っていると腰周りにかかる負担が大きくなり、腰の痛みが生じやすくなります。
 
腰周りに脂肪が蓄積されるとお腹が出ますが、これにより背中が反りやすくなります。背中が反ると腰の関節が常に圧迫された状態となり、腰痛につながるのです。
 
現時点で標準体重よりもオーバーをしている方は、食事内容や毎日の運動を意識して体重を落とすことも腰の痛みの改善につながります。
 
国家資格保有者が行う安心の施術 腰痛改善に強い西宮のはやし整体院


頭痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top