筋肉が固まるまでにはどのくらいの時間がかかる?

若い時には無縁だった慢性の腰痛。

 

年齢とともに腰痛を訴える人の数は増え、それとともに増加するのは椎間板ヘルニアやぎっくり腰、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などに悩まされる人の数です。

 

慢性の痛みを抱えるというのは、とても嫌だし怖いものです。

 

これら腰痛は骨盤の歪みなどの姿勢が問題となり、不自然な姿勢で動かされなくなった筋肉が固まって起こるもの。

 

年齢とともに起きやすくなるという傾向を考えると、逆に筋肉が固まって痛みを発するまでは相当長い時間がかかりそうに思いますよね。

 

ですが、実際には筋肉が固まって動かなくなるまではあっという間。

 

1カ月もあれば、筋肉はしっかりと固まって動かなくなり、痛みを発するようになってしまいます。

 

骨折をしてしばらくギプスで固定していた経験がある方なら分かると思いますが、この場合動かしてはいけない訳ですから仕方のない事ですけれど、ギプスを外した後固定した場所は動かしづらくなっています。

 

これをリハビリで動かせるようにしていくわけですが、おそらくギプスをしている期間なんて1~2カ月程でしょう。

 

たったそれだけの期間、筋肉を動かさなければ筋肉は固まってしまいます。

 

いかに毎日の姿勢の正しさ、自然な身体の動きが大切なものかという事が分かりますね。

 

阪急夙川駅徒歩10分 再発しないカラダを目指す西宮の歪みとり整体院整体 西宮  はやし整体院

 

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


頭痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top