猫背が原因の場合も!整体で脊柱管狭窄症を克服

youtsu_man脊柱管狭窄症は50代以上の人に発症することが多く、一昨年は尾木ママこと尾木直樹さんも手術されたそうです。

必ずしも若い頃から運動不足だった人が患いやすいとは言い難く、スポーツを行っていた人、肉体を使う仕事に従事していた人も患うことがあると言われています。

また前屈みの姿勢を続けてきた人も発症しやすい為、猫背の人は脊柱管狭窄症を誘発しやすいので注意が必要です。

人によってはたった数百メートルの距離でさえ、しびれで歩けなくなるほど深刻な症状で、仕事に集中出来ないケースもあるほどです。

手術以外で狭窄症を解決する方法

それほどまでに深刻な症状ですが、手術以外の改善方法があります。医療機関に行かれても、いきなり手術を勧められることは少なく、まずは保存療法の方向で進められることが一般的です。

その為、整体の施術も脊柱管狭窄症に有効であると考えられています。

特に予防段階や初期の症状ほど、早めに整体に通っていただくことで症状を悪化させにくいのではないでしょうか。整体では、お客様のお身体を見させていただき、そのお身体の「癖」を見抜きます。

脊柱管狭窄症の原因になりがちな筋肉のコリをほぐしたり、骨格を整えたり、骨盤を矯正したり、場合によっては猫背改善のご指導をさせていただいたり、そうした「癖」にお客様と一緒に向き合うことで、症状の改善をいたします。

脊柱管狭窄症は悪化すると歩行が困難になったり、排尿が上手く出来なくなったりする深刻な症状です。最初は軽い痛みとしびれを感じるものですが、おかしいなと思ったら放置せずに、ぜひはやし整体院までご相談くださいね。

頑固な猫背を根底から改善する整体 西宮駅 はやし整体院


脊柱管狭窄症の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top