慢性痛を治すには「計算」が大切?!

腰痛、ツライですよね。

腰痛のような慢性痛は、痛み自体が長引いているのだから整体などでの治療も気長に続けるのが大切。

でも「腰痛って、整体に行ったりしても結局治らないのよね。一生抱えていくしかないのよ」なんて思っていませんか?

実は慢性痛を治すにはちょっとしたコツがあるんです。

それは計算する事。

数学苦手?でも大丈夫。

簡単な足し算・引き算で結果がはっきりわかりますよ。

計算がどうなればいいのかというと、

①2-1=1→OK

②3-2=2→OK

③4-5=-1→NG

これなーんだ?ってなぞなぞみたいですが、お分かりでしょうか?

これは慢性痛にとっての良い取り組みと良くない習慣とを計算したもの。

良い取り組みとは治療や姿勢改善などのセルフケアを、良くない習慣とは運動不足や癖などの習慣を指します。

これらを計算式で表しています。

結果、良い取り組みが良くない習慣を大きく上回る程慢性痛の改善が望めるというもの。

逆なら慢性痛は改善しません。

ではここで問題。

あなたが今骨盤の歪みに悩まされていて、痛みがあるので整体で骨盤矯正を行っているとします。

運動して体重を減らそうとしていますがデスクワークで長時間同じ姿勢でいる事が多い。

脚を組む癖もあります。

これを計算すると

(骨盤矯正+運動)-(デスクワーク+脚を組む癖)=0。

うーん、改善は難しそうです。

では脚を組むのをやめたら?

(骨盤矯正+運動+脚を組む癖の改善)-デスクワーク=2。

計算結果がぐっとプラスに傾きましたね。

こんな風に、数値に置き換えて考えると簡単に慢性痛の改善が「目に見える」ようになるんです。

兵庫県、西宮駅 辛い腰痛から解放し再発させない整体 西宮はやし整体院

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快感 岩田先生 ホームページ


腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top