ピリッとした違和感の後、激痛にかわった腰痛 女性 50代

この方は専業主婦。身体の調子は良好でしたが、自宅で掃除機をかけている時、腰に「ピリッ」とした違和感があったそうです。

そのときは特に気にとめておらず、この日一日家事を頑張ったとのこと。

しかし2日後からズキズキと痛み始め、その後急速に症状が悪化。4日目の朝には激痛になり、立ち上がるのに30分かかるほどの状態になってしまったそうです。

口コミサイトのエキテンから当院を見つけて来院されました。

検査してみると

検査してみると横から見るくるぶしから肩までのラインはキレイに揃っていましたが、それより上の部分、肩から頭にかけてのラインが前に傾いていました。

全身の関節と筋肉が硬くなっており部分部分の筋肉がより一層縮んだ状態。そして骨盤が後ろに傾き、左の足の長さが右に比べて1,5センチほど短くなっていました。

また左重心になり上半身のバランスを保つため、左の肩の高さが高くなっていました。

上半身を支える左の腰部に負担が蓄積されていたところに腰を酷使してしまったため痛みとして出てきてしまったと考えられます。

施術

初回は痛みが強かったため患部へのアプローチは控え、痛みで緊張状態となったまわりの筋肉を緩めていく施術を行いました。これにより全身の血流をスムーズにさせ、治癒力を促しました。

2回目来院時には10だったペインスケールが3にまで下がっていたため、患部へのアプローチも開始。その後身体の歪みをとるためのアプローチも同時に行い、1週間に1回計6回かけて

筋バランスと骨格を整えていきました。

結果

3回目でベットから痛みなく起き上がれるようになり、5回目には問題なく家事ができるようになりました。回を重ねることに良い状態へと回復していき、筋バランス、骨格も理想的な状態に整いました。

最後に

この方は体を歪ませないために生活習慣を見直し行動されたそうです。

・骨盤を立てて座る
・荷物は両手で持つ
・毎日セルフストレッチをする

など、施術後の状態をなるべく長く維持できるよう取り組まれました。

気を遣ってあげた分、カラダは応えてくれます。

筋肉が全体的に硬くなっていた状態からここまで早く変化がみられたのは、ご本人の努力が施術に相乗効果をもたらした結果です。

「ストレッチが気持ち良く、そのあととても楽になる」と笑顔で言っていただき、

施術者としてとても嬉しく、二度と同じ症状が繰り返されないようサポートしていきたいと強く感じました。


症例紹介 // 腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top