肩こりを改善する鞄の持ち方

肩こりを悪化させてしまう原因の一つに、バッグの持ち方があります。毎日同じ姿勢でバッグを持つことで、知らないうちに体がゆがみ、これが肩こりの原因になっていることもあるでしょう。

逆に言えば、バッグの持ち方を変えるだけで肩凝りの軽減につながることもあるので、肩の凝りが酷い方はバッグの持ち方も意識してみると良いですね。

1.ショルダーバッグの注意点

毎日同じ肩側にバッグをかけていると、背中と首から肩周りの筋肉が硬くなり、肩こりにつながります。

こうならないためには、同じ側にバッグはかけずに、なるべく交互でかけるように意識をしてください。

また、ショルダーバッグの斜め掛けは両手も空いて体勢的にも楽なのですが、肩にベルト部分が直接当たるため、肩こりの酷い場合には余計に悪化をしてしまうので、できるだけ斜め掛けは避けた方が良いです。

2.リュックの注意点

リュックは、体のバランスがとりやすく肩や首への負担も少なくなるため、肩こりにも効果を発揮しそうですが、やはりいくつか気を付けるポイントがあります。あまりにも低い状態でリュックを背負うと、重心が後ろに行き体が反ってしまい、肩の筋肉に負担がかかります。

このため、荷物はできるだけ下に重心がいかないように気を付ける必要があります。

また、重すぎる荷物を入れて背負うと、逆に姿勢は前屈みになることで肩に負担がかかります。合わせて、肩にあたるベルトがあまりに細いと肩凝りを悪化させるので、ベルトはできるだけ太いものを選ぶようにすると良いでしょう。

ツラい肩こりから解放される整体 西宮市はやし整体院


肩こりの最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top