薬を使うと健康から遠ざかる?

薬を何のために使っていますか?

 

例えば腰痛がある方なら、腰痛を止めるためではないでしょうか。

 

痛みを治療するためと思っている方もいると思いますが、薬の名前を見れば一目瞭然です。

 

その薬は「鎮痛消炎剤」。

 

痛みを鎮めるためのものであって、痛みを治療するものという名前ではありません。

 

薬を使って病気を治す、その発想は腰痛のような慢性痛については残念ながら当たっていません。

 

痛みに対する薬というのは、痛みの原因を治すものではなく痛みを和らげる、痛みを感じにくくするものなんです。

 

あなたの姿勢が原因で、骨盤の歪みが起きそれが原因で椎間板ヘルニアやぎっくり腰などの病気になってしまったとします。

 

ちょっと考えてみて下さい、姿勢を改善しないで薬だけで本当に治ると思いますか?

 

いいえ、きっとそうは思わないでしょう。

 

生活の改善が、骨盤矯正が必要だときっと分かっているはず。

 

ただ、それは薬を飲む事よりもずっと難しい事なんですよね。

 

場合によっては仕事まで変えなくてはいけないかもしれない。

 

だから薬で治れば・薬で健康になれれば・・・と思ってしまうんですよね。

 

でもそれは違うし、違う事も理解できている。

 

それならあなたは慢性痛から解放されるための一歩を踏み出した事になります。

 

まずは効果的な治療について、正しい認識を持っているのですから。

 

阪神西宮駅徒歩7分、土日祝も夜20時まで営業。根本治療で痛みを取り再発しない身体にかえる整体院

 

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


坐骨神経痛 // 肩こり // 腰痛 // 骨盤矯正の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top