薬は痛みを「治す」ものではない

「腰痛だから、薬を飲んで治そう」と思う、これは間違いですと言ったら驚かれるでしょうか。

 

腰痛に薬が何の効果もない、という事ではありません。

 

薬は痛みを「治す」ものではなく「一時的に抑える」もの。

 

腰痛を解決するには、一時的に痛みを抑える事を繰り返すのではなく整体などでその原因を探し解消する事が必要なんです。

 

そういう意味で、薬で「治す」は間違いという訳なんです。

 

薬を使うと、多くの場合最初は良く効きます。

 

その分、痛みが治ったように錯覚して無理をしてしまう場合も多いもの。

 

実際には薬の一時的な効果で痛みが抑えられているだけですから、薬が切れたら無理をした分より強い痛みが襲って来ます。

 

「だんだん薬が効かなくなった」

 

「強い薬に変えてもらったらまた一時痛みがなくなったけど、最近それも効かなくなってきた」

 

などという話を耳にした事はありませんか?

 

薬で痛みを「治そう」と思っていると、こんな風に悩む事になってしまい、痛みもいつまでもなくなりません。

 

薬はあくまでも一時的に痛みを抑えるもの。

 

本来は医者がその事を説明すべきなのですが、腰痛などでお悩みの方はまずはご自分でこのことを覚えておいて頂くと良いと思います。

 

薬を処方するだけで痛みの根本改善をしない病院、それでは本当の解決には至りません。

 

その場合は、別の病院や整体に相談するべきなんです。

 

兵庫県、西宮駅 辛い腰痛から解放し再発させない整体 西宮はやし整体院

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top