自然治癒力ではカバーしきれない痛みが出た時、そこから本当の痛みとの戦いが始まる

院で腰痛の診断を受けても、原因が特定できない。それはつまり、痛みを本当に取り除く日が非常に遠い事を意味します。

 

痛いのに「異常は無い」と言われ、しまいには「気のせいじゃないですか?」なんて言われたり心療内科を進められたり。これでは腰痛のみならず、本当に気持ちまで元気をなくしてしまいますよね。

 

中には、腰痛が出て最初は整形外科に通って痛み止めをもらったら良くなった、という方もいるかもしれません。でも、次に腰痛が出た時に本当にまた治るのか、それはなんとも言えません。

 

最初に痛みが治まったのは、痛み止めの効果ではなく「自然治癒力」のおかげかも。

 

筋肉が疲弊して固まってしまっていたけれど、痛みが出てなんとなく無理をしないようにしているうちに自然治癒力が痛みを軽減してくれたのかも知れません。

 

ですが、これに安心して今までの生活に戻ったとたん、またあなたの筋肉には負担がかかり始めます。

 

今度はより頑固な痛みがあなたを襲ってくるでしょう。

 

病院がくれた痛み止めは、今度は奏功しないかも。

 

ここで初めて、病院の治療では本当の治療にならないと気づく人が多いのです。

 

「原因は分からないけど、痛み止めを出しておきましょう」これでは根本的な治療にはなりません。

 

原因を特定しアプローチする事が、腰痛を本当に治す為に必要なんです。

 

阪急夙川駅徒歩10分 再発しないカラダを目指す西宮の歪みとり整体院整体 西宮  はやし整体院

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top