痛みを治すのは薬ではなく・・・

初めての腰痛が痛み止めを飲んだら治った、だから痛み止めが効いたのだと思ってしまいますよね。

 

ですが実際には、痛み止めはあくまで炎症を抑え痛みの伝達を妨げる物。

 

痛みの原因を治療するものではありません。

 

では、痛み止めを飲み続けたわけでもないのに腰痛が改善したのはなぜでしょうか?

 

それは、薬以外のあるものが痛みの原因に作用したからです。

 

そのあるものとは「自然治癒力」。

 

誰もが持っている、自力で健康を取り戻そうとする力です。

 

痛みが初めて出た頃には、その部位をかばうように生活するうちに骨盤の歪みや筋肉の緊張が緩和され痛みが消えるのです。

 

ところが、多くの場合はこの最初の経験があなたを慢性痛へと導いてしまいます。

 

「痛みが出ても痛み止めがあれば治る」と勘違いしてしまうのです。

 

本当は痛み止めのおかげではなくあなた自身の身体が頑張っているのに、それに気づかず今まで通りの生活を続け、頑張るあなた自身にさらなる負荷を与え続ける。

 

頑張っていたあなたの自然治癒力もついには痛みに屈します。

 

その頃には腰痛はすっかり慢性化するという悪循環に陥るのです。

 

自然治癒力には限界がある、その事を忘れないでください。

 

そして慢性痛の改善には、生活習慣を変え整体などで筋肉をほぐす必要があることを覚えておいてくださいね。

 

兵庫県西宮駅 ストレッチをベースとした独自施術。西宮 腰痛専門院 はやし整体院

 

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


坐骨神経痛 // 腰痛 // 骨盤矯正の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top