整形外科と整体の治療、何が違う?

整形外科と整体、どちらも慢性痛で通う事が多いですね。

 

治療の内容が大きく違う事はなんとなくご存知かと思いますが、決定的な違いが実はあります。

 

それは、何を診ているかという事。

 

おなじ腰痛なら腰を診ているのでしょう?と不思議に思われるかもしれませんが、腰と言っても様々な器官があります。

 

整形外科が診ているのは、骨や軟骨。

 

骨盤の歪みを指摘された経験がある方も多いでしょう。

 

骨や軟骨に問題がある、それだけならばいいのですが、その結果周囲の筋肉の血流が悪化し痛みが出ている事は見落とされがちです。

 

ですが、腰痛の本当の原因はこの筋肉の血流悪化によるもの。

 

筋肉の血流が悪くなると、筋肉は固まり動きづらくなり痛みが発生します。

 

これを改善するには、固まってしまった筋肉を少しずつ動かし、固まりっぱなしにしないようにすることが大切なんです。

 

固まりっぱなしを防ぐにはどうするか?

 

それは、動かす事なんです。

 

整形外科では筋肉の事は何も説明されなかった・痛みがあるなら痛み止めやシップを使うように言われた・痛いときは無理に動かさないよう指導された・・・という事なら、残念ながらそこに通院し続けても痛みは改善しません。

 

痛みの元が何もケアされていないからです。

 

あなたが今受けている治療が前述のような内容なら、考え直して整体を受診すべきです。

 

兵庫県、西宮駅 辛い腰痛から解放し再発させない整体 西宮はやし整体院

 

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生


坐骨神経痛 // 肩こり // 腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top