脊柱管狭窄症とは?正しい原因を知ろう

脊柱管狭窄症、これは普段から腰痛があり、歩くとますます痛くなって休むと少し楽になる、というような症状の病気です。

 

病院でこの脊柱管狭窄症と診断された場合、手術を勧められる場合も多いかと思います。この病気は、脊柱管の中を通る神経根が圧迫される為起こる病気。

 

その圧迫の本当の原因を知っていますか?

 

それはこの病気になりやすい人の特徴をご覧になると分かりやすいかもしれません。

①腰に負担がかかる動作やスポーツを長時間続けている

②腰を頻繁に曲げたりひねったりした

③前かがみ・座りっぱなしなど同じ姿勢を長時間続けた

いかがでしょうか。

 

これらの動作や姿勢が神経を圧迫するの?と妙な感じがしませんか?ここに一つ抜け落ちている説明があるのです。

 

これら特徴にあるような「同じような動作を続けたり同じ姿勢を続けたりする」事で、同じ筋肉ばかりが酷使され他の筋肉は使われずにゆるんでしまうという現象が起きます。

 

このため、筋肉の柔軟性が失われ痛みが出ます。ですから、まずすべき事は筋肉の柔軟性を取り戻す事。

 

そこで整体の出番です。整体で筋肉をほぐしつつ、痛みの元となる行動パターンの改善をアドバイスいたします。

 

脊柱管狭窄症とその症状である腰痛に整体が効くのは、痛みの原因が筋肉にあって、筋肉が固まって骨盤の歪みを作り出しているから。その筋肉を緩め、骨盤矯正を行い、腰痛を取り除く。これが整体で行っている事です。

 

阪急夙川駅徒歩10分、土日祝も夜20時まで営業。根本治療で痛みを取り再発しない身体にかえる整体院

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快感 岩田先生 ホームページ


脊柱管狭窄症の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top