温感シップと冷感シップ、実は同じもの

シップには温感と冷感があり、それぞれお好みがあるかと思います。

 

「痛めた直後は冷感、それ以降は温感」と使い分ける方もいるでしょう。

 

一方で、薬局などで「温感と冷感、どちらを使うべきですか?」と聞いて「好きなほうでいいですよ」と言われ、釈然としない思いをした経験のある方はいませんか?

 

好きなほうって・・・なんだか無責任な言い方!なんてちょっと腹が立ったり。

 

これ、決して無責任ではないんです(説明不足かもしれないけれど)。

 

シップには温感と冷感がありますが、実は効果は同じ。

 

その効果は鎮痛消炎効果、つまり怪我をした最初の段階で炎症を起こしている時に血管の拡張を抑え炎症を抑えるのに効果的なものなんです。

 

では温感と冷感の違いはなにか?というと、シップの貼り付け面にカプサイシンが塗布してあるかメントールが塗布してあるかの違い。

 

これにより貼った部分がポカポカしたりひんやりしたりしますが、これは好みで使い分ければOK。

 

薬剤の効果としては、全く同じ作用です。

 

では慢性の腰痛はどうしたら?それはやはり整体で施術を受けていただくのがいいですね。

 

長引く腰痛の原因が骨盤の歪みなら、シップは全く役に立ちません。

 

整体で骨盤矯正を受けていただかなくては、腰痛は改善しません。

 

ですから、私共での整体では長引く痛みはシップでなくカイロを貼る事をオススメしています。

 

西宮市 頑固な腰痛を根底から改善する整体 西宮はやし整体院

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


ぎっくり腰 // 腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top