慢性痛の治療は、痛みの治療にあらず

タイトルを見て、これ間違いじゃない?と思われた方、このタイトルで合っています。

 

慢性痛の治療は、痛みの治療ではないんです。

 

痛みをなくす事が患者さんにとって大切ではありますが、それが本当の治療目的ではありません。

 

慢性痛の治療は、痛みの根本原因をなくす事です。

 

ただの腰痛と思っていたら痛みがひどくなり、椎間板ヘルニアやぎっくり腰、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛など、病名が付くようになってしまうとますます分かりにくいのですが、病名が付くとその病気の治癒、つまり「その病気特有の症状(=痛み)が出なくなれば治療は完了」と思いがちですね。

 

症状が出なくなるのは、行ってみれば治療の前編。

 

そのあとに、長く大切なメインの部分・後編が待っています。

 

後編とは病を引き起こすような生活習慣の改善に取り組んでいただく事。

 

これが完成して初めて、慢性痛の治療は完了です。

 

痛いままでは生活もままなりませんから、整体でも極力痛みは軽減するようにします。

 

その上で骨盤の歪みなどの姿勢を改善するための施術をします。

 

骨盤矯正に猫背矯正など、正しい姿勢を維持できるようにするものです。

 

それとともに、整体では歪んだ姿勢で固まった筋肉をほぐし、今後は筋肉が固まらないよう生活習慣を変えるアドバイスや有効なエクササイズなどを習得していただくのです。

 

整体における慢性痛の治療は、決して痛みの治療だけではないのです。

 

国家資格保有者が行う安心の施術 腰痛改善に強い 西宮はやし整体院 JRさくら夙川駅徒歩10分

 

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


ぎっくり腰 // 坐骨神経痛 // 腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top