慢性痛の治療にはセルフケアが不可欠

どこかが痛い、具合が悪い、そんな時は病院へ。

 

問診を受け、検査を受けて、薬を投薬されたりひどい場合は入院して手術を受けたり。

 

これが一般的な「治療」のイメージ。

 

ちょっと言葉の並びを見て頂きたいんですが、問診を「受け」検査を「受け」薬を「投薬されて」手術を「受け」。

 

見事なまでに「受ける」ばかり、完全な受け身です。

 

中には「いいから黙って言うこと聞きなさい!」ってタイプの医師もいますよね(笑)

 

そう、一般的な治療は医師が「施す」もの。

 

患者さんはその治療を「受ける」のみ、なにか医師と一緒になって行う事はありません。

 

例えば手術を患者さんが手伝う・・・なんてコワい事、ある訳ないですよね!!

 

一般的にはこれでいいんです。

 

では整体で主に扱う腰痛のような慢性痛の治療はどうでしょうか?

 

慢性痛だって痛みです、身体の不具合です。

 

ですから治療を「受ける」事には変わりないんですが、そればかりではないのです。

 

腰痛ならばその痛みの原因となる生活習慣を取り除く事が大切。

 

たとえその原因が椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛といった病気だったとしても、その病気を引き起こした生活習慣があるならその習慣を改善しなくてはなりません。

 

これが、一般的な病気の治療と違うところ。

 

虫歯の悪い部分を取る、ウイルスをやっつける、それだけでは治療できないのが腰痛などの慢性痛。

 

整体で扱っているのは、そんな「セルフケア」が大切な不具合なんです。

 

阪急夙川駅徒歩10分 再発しないカラダを目指す西宮の歪みとり整体院整体 西宮  はやし整体院

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生 ホームページ


ぎっくり腰 // 坐骨神経痛 // 椎間板ヘルニア // 脊柱管狭窄症 // 腰痛の最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top