「薬は毒」?!

薬は体調が悪い時・痛みがあるときに治療してくれるものであるはずなのに毒とはどういう事でしょうか?

 

これは、薬には副作用もありますよ・ご用心!という事。

 

この警鐘を鳴らしたのは、ほかならぬ日本薬剤師会会長です。

 

薬の事を良く知っているからこその言葉なのでしょう、勇気ある発言ですよね。

 

さて、お悩みの腰痛などは薬を飲んでも一向に改善しない場合が多いもの。

 

この場合の薬は、毒以外の何物でもありません。

 

だって「ちゃんとした作用の他に副作用もありますよ」であるはずなのに、その作用がないんですから。

 

あるのは副作用のみ。

 

痛み止めなら、胃が荒れる副作用に悩まされるばかりという事になるでしょうか。

 

日本人はとても薬が好きな民族です。

 

ある程度の年齢になると、常に通院し薬をもらっている人というのがとても多くなります。

 

いつも飲んでいる薬というのは無い、という人のほうが珍しいのかもしれません。

 

これは体調によっては仕方無い事かもしれませんが、「薬は毒にもなる」という事を忘れてはいけません。

 

不要な薬は飲まない事、飲み続けない事。

 

腰痛をはじめとした慢性痛に対して、痛み止めを飲み続けるというのは、まさに不要な薬を飲み続けているという状態です。

 

作用など期待できず、副作用=毒を取り込み続けているという事なんです。

 

今痛みに悩むあなた、今日も痛み止め、飲みますか?

 

薬の代わりに整体があなたの力になるはずです。

 

兵庫県西宮駅 ストレッチをベースとした独自施術。西宮 腰痛専門院 はやし整体院

 

≪参考URL≫

愛知県 江南市 爽快館 岩田先生


整体コラムの最新記事
ブログカテゴリー
月別アーカイブ 連絡

Top